読んだ本だったり、好きなものだったりを書いています。
知識はないので感じたことを感じたままに。
twitter:@je11yf1shaf
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / -
『ガソリン生活』のこと。吾輩は緑のデミオである。
伊坂幸太郎さんのガソリン生活。
ドミノがうまくはまっていくような小説は数あれど、きれいにはまっていく小説というと少ない。伊坂さんの本はそんな印象の物語が多いと思う。

ガソリン生活は基本的に車の視点で語られる。〇〇の一人称というのは数あれど、車のというのは珍しい感じがする。
考えてみると車というのはうまい。自分の意志で動けないというのが、動物などの一人称とちがうところでありながら、動くものだからいろいろなところにいける。
読者は答えを知っているのに、登場人物はダメな行動を起こす。そこがもどかしく、面白いところでもある。

すべての小説にはミステリー要素が入る。
恋愛小説であったとしても、この後二人はどうなるのだろうといった感じだ。
ゆえによく出来たミステリー要素は小説を読む人に好かれやすいのではないだろうか。

読書日記 / comments(0) / -
スポンサーサイト
- / - / -
Comment